TFOS Journal 21
航空運航システム研究会雑誌
第21号:2005年1月
巻頭言−多発するテロと航空機の安全
Foreword -Rash of Terrorism and Flight Safety-
(株)日本航空インターナショナル常勤顧問 元統合幕僚会議議長 竹河内捷次
Shoji TAKEGOCHI
序文
Preface
2001年9月11日の米国における同時多発テロ事件から、3年目を迎えた。3年目の今年の8月24日、ロシアでテロによる航空機連続墜落事件が発生、2機の航空機 が墜落89名の死者が出た。9.11以降、世界各地でテロ事件が起きている。
関口雅夫先生のご逝去を悼む
Memorial Address to Prof. Masao SEKIGITCHI
航空運航システム研究会理事 東海大学教授 池田良彦
Yoshihiko IKEDA
序文Preface
航空運航システム研究会の副会長で駒澤大学法学部教授の関口雅夫先生は、平成16年11月15日午前3時、急性心不全のため逝去されました。享年70歳でした。 関口先生は、昭和9年6月10日に東京府西多摩郡羽村町(現在の羽村市)に生まれ、桐朋中学・高校を経て中央大学法学部を卒業し、その後、同大大学院法学研究科民事法専攻修士課程を修了され、さらに博士課程へと進み研究者への道を着実に歩んでこられました。
全文FullText
37.5KB PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerのダウンロードはこちらから行えます。
論文
緊急事態における意思決定と時間知覚の歪み
Decision Making and Time Distortion in Emergency
菊池浩人
Hirohito KIKUCHI
論文
緊急事態における人間行動の事例考察 (暑寒別岳上空接触事故からの生還)
Case Study of Behavior in Emergency
田所健
Ken TADOKORO
論文
TCASの信頼性とパイロットの操作
Reliability of TCAS and Pilots, Maneuver
石橋 明
Akira ISHIBASHI
論文
「人間と機械の役割分担」の考え方と最近の動向
Function Allocation between Humansand Machines
稲垣敏之
Toshiyuki INAGAKI
論文
高度自動化コックピットにおける状況認識支援に関する研究
InformationSupportforEnhancingSituationAwarenessintheHighlyAutomatedCockpit
狩川大輔,高橋信,石橋明
Daisuke KARIKAWA, Shin TAKAHASHI,
Akira ISHIBASHI
論文
オートパイロットシステムに関する状況認識支援のための情報提供提示法に関する実験研究
Experimental Study on Information Display for Enhancing Situation Awareness in Autopilot System
.狩川大輔,石橋 明,
高橋 信、北村正晴
Daisuke KARIKAWA, Akira ISHIBASHI,
Shin TAKAHASHI, Masaharu KITAMURA
論文
ソフトウェアのテスト手法
Software Test Method
相原磨世
Mayo AIHARA
論文
THE AUTOMATION IN THE AIR TRANSPORT SYSTEM TODAY, TOMORROW, THE FUTURE Capt Etienne TARNOWSKI