TFOS Journal 20
航空運航システム研究会雑誌
第20号:2004年1月
巻頭言−1999年モントリオール条約の発効−
Foreword -Effectuation of the Montreal Convention in 1999-
駒澤大学法学部教授 TFOS・SG副会長 関口雅夫
序文
Preface
本年は、ライト兄弟が飛行機の初飛行に成功してから100年目に当たり、世界各地でライト兄弟の偉業をたたえる行事が繰り広げられている。ライト兄弟の初飛行の成功ほど著名度はないものの、世界の航空界は、本年の11月4日にライト兄弟の初飛行の成功を凌駕する偉業を達成することが出来ている。それは、「旅客に対し完全賠償を認めた1999年モントリオール条約の発効Jと言う成果である。
矢野正昭理事の受賞を祝す
Congratulate Director Masaaki YANO on his Prize.
航空評論家 TFOS・SG常務理事 鍛冶壮一
序文
Preface
TFOSの矢野正昭理事が2003年度の国際航空連盟の「ポール・ティサンディエ・ディプロマ」を受賞された。スカイ・レジャー・ジャパン運航委員長として長い間、航空スポーツの普及に貢献した功績を認められたもの。
論文
最近の事故等から安全文化を考える
Safety Culture Considering from Recent Accidents in Japan
黒田  勲
Isao KURODA
論文
航空旅客ターミナルビル設計コンセプトの変遷について
A historical review on the design concepts of passenger terminal building
篠原一彦
Kazuhiko SHINOHARA
論文
航空機操縦装置の進化と自動化
Flight Control-progress and Human Interface
渡利邦宏
Kunihiro WATARI
論文
航空機における機器の発達と操縦の安全確保−ヒューマンファクターとのかかわり−
Pilot Training Regarding the Improvement of the system
塚原利夫
Toshio TSUKAHARA
論文
Complacency 本江  彰
Akira HON-E
論文
オートパイロットシステムに関する状況認識支援のための情報提供提示法に関する実験研究
Experimental Study on Information Display for Enhancing Situation Awareness in Autopilot System
狩川大輔、石橋 明、
高橋 信、北村正晴
Daisuke KARIKAWA, Akira ISHIBASHI,
Shin TAKAHASHI, Masaharu KITAMURA
論文
航空事故調査報告書の証拠能力について
Admissible Evidence of Investigation Reports on Aircraft Accidents
池田良彦
Yoshihiko IKEDA
論文
パイロットの教育訓練の50年
Retract Pilot Training for the last fifty years
.諸星廣夫
Hiro-o MOROFUSHI
論文
航空自衛隊における戦闘機操縦者教育の歴史について
A history of Flight Training for Fighter Pilot in Japan Air Self Defense Force
福島  睦
Mutsu FUKUSHIMA
論文
航空自衛隊創設期 航空教育の歩み
The step of the aviation education in the early Maritaime Self-Defense Force
飯塚祥平
Syohei IIDUKA
論文
CRMスキルの実践と計測−CRMの定着化に向けて
Practiceand Measurement of CRM Skills
飯島朋子
Tomoko IIJIMA